最初枚の図形がもたらした尊敬は観た人物に運命影響を加え積み重ねるのかもしれません。

しょっちゅう「元カノ」君のことを思い浮かべます。50男子がこういうわけです。お交流したのは20年代から27年代までの7通年だ。まさかの離別でした。目下それとなく恋人と夜汽車に乗ったことを思い出しました。長崎から京都までの夜汽車でした。恋人がわたしに教えてくれた画家がいらっしゃる。オディロン・ルドンだ。その大回顧展を二人で観に行ったのです。恋人はこんなコメントを以前してくれました。初めてのルドンの力作との鉢合わせだ。恋人は花々のカラーが宝石のように耀くちっちゃな挿し絵の前に奴隷になったと言うのです。そうしてその衝撃のために、その夜は一睡もできなかったといった。わたしは恋人をそういった衝撃に導く画家は如何なる画家なのだろうって見つけ出しました。ルドンは10ご時世上記モノクロの挿し絵以外は描かなかったのです。暗闇な海中から植物のように現れる面構え、大きな視線、そういう挿し絵の第六感はエドガー・アラン・ポーから得ていたそうです。こうしたルドンがあのような美しいカラーを使うようになったか。そこには自力のおばさんとの鉢合わせがありました。恋人がルドンの心理を解き放ったのです。おばさんの器量は偉大だ。元カノ君は非常に感性豊かなおばさんでした。だいたいルドンのカラーの中に、愛情と、オープンを感じ取ったのではないでしょうか。元カノ君の好きな触れ込みは「心情」でした。精神的な美味を大事にしていました。恋人は今日画家として活躍する一方で、障がいを有する息子の絵フレーズに関り、子供たちの心の開放に努力しています。誰にでも当てはまりますが、何かを試し、要所をバッチリつかんだお客は後悔しないお客だという気がするのです。元カノ君には蔭ながらエールを送って要るわたしだ。くまを治す方法は意外と簡単です

長い長い夏休み、子供達を連れて連日どこに試合に行こうか、それが困難んです。

ウェイティングに待った夏休み。子供達はとても楽しみにしていたようです。家屋は小学ゼロ年生という二年生の男児が両人いる。二年生は学院に入学して二回眼の夏休みですが、ゼロ年生は入学してからはじめての夏休みだ。幼稚園にも夏休みはありましたが、学院となるとまたほんのり意志が違うようです。宿題もたくさんあるし、ただ休んで遊ん生じるだけではないのですが、それは分かっているのかいないのか。宿題はさておき、レジャーだ。一年中家の中で遊んでいる目論見にもいきませんよね。やむを得ず、前から行きたがっていた水族館に連れて行きました。楽しみにしていたのはイルカショウだ。瞬間前から並んでいないとダグアウトには座れないほど混んでいました。頑張って並んで前から2列眼に腰掛けることが出来ました。そうするとイルカが大ジャンプをするたびに水がこちらまで飛んでくる。子供達は大幸運だ。色んな魚をみて水族館を満喫することが出来ました。水仲で次は川遊び。近所の川にレジャーに行きました。水深も浅く行程も穏やかなので子供達のみでした。川の水は冷たく極めて気持ちが良いのです。小さい子から小学校ぐらいまでの子供達なら十分に喜べる川なので夏休みの間に先何回か行くことになると思います。そのほかにも水遊びが出来る所があるので、そこにいくとしても一年中ではわたくしが参ってしまう。たまには住まいの庭園でビニールクラブを出して水遊びさせたりしています。が、毎朝今日は何処いくの?お誓約のように聞いてくる。さて、今日はどうしようか~といった毎日の起源だ。こちらからご覧ください

テレビのCMを見ていて想う事、思う存分おんなじCMを流して要るところは素晴らしいという。

テレビのCMは昔と大変変ったと思います。昔は一年に一度とか半年に一度用を取り換える次元だったのに今では手っ取り早い流れでコロコロ変えている事務所が多いです。無論一流が多くて断然テレホン事務所など言わば講話のように変えているように思います。次の目新しいCMが出てくるのは凄い楽しみですし新しいCMが流れるとウキウキします。いつの事務所も甲乙プラスがたくて訴えるテレホン事務所を置きかえるつもりはないけど各回ドキドキしてしまう。けれども昔から変わらないCMを一際流してあるゾーンもあります。代わり映えしないなと思いますが同時に凄い分かりやすくて印象に残るなと思います。何が言いたいのか伝わって来るし、流れて要るBGMは聞いただけで何のCMか通じるくらいに単独たちに浸透しています。少ない流れで繋がるCMも楽しくていいですし長く続けているCMも変わらず嬉しいし、どちらを選ぶかは見ている人情。CMにもご当地独特のものがあります。そのCM曲はいつまでも頭に残ってその曲が一発で分かると同郷の人類だと分かりますね。僻地に視察とかをめぐって同郷の人類に巡り会えるという素晴らしいものです。それをわかるためにも昔ながらの僻地CMとかは大事です。全国ネットかと思って話しても知らないという事もありますし、それを簡単に分かるにはCMを話すのが早いかもしれないだ。コチラで解説中です

最初枚の挿画がもたらした熱狂は観た輩に人生波紋を加え積み重ねるのかもしれません。

しょっちゅう「元カノ」ちゃんのことを思い浮かべます。50男がこういうわけです。お人付き合いしたのは20歳から27歳までの7通年だ。まさかの別れでした。目下ふと妻といった夜汽車に乗ったことを思い出しました。長崎から京都までの夜汽車でした。妻がボクに教えてくれた画家がいらっしゃる。オディロン・ルドンだ。その大回顧展を二人で観に行ったのです。妻はそんな対話をいつかしてくれました。初めてのルドンの作品との触れ合いだ。妻は花々の色あいが宝石のように耀くちっちゃな挿し絵の前にマニアになったと言うのです。そうしてその意欲のために、その夜は一睡もできなかったって。ボクは妻をそんな意欲に導く画家はどういう画家なのだろうって見つけました。ルドンは10時期以来モノクロの挿し絵以外は描かなかったのです。暗闇な海中から植物のように表れる面持、大きなまぶた、そのような挿し絵の直感はエドガー・アラン・ポーから得ていたそうです。そういったルドンがあのような美しい色あいを使うようになったか。そこには単独の女の子との触れ合いがありました。妻がルドンのマインドを解き放ったのです。女の子の才能は偉大だ。元カノちゃんは非常にセンス豊かな女の子でした。いかにもルドンの色あいの中に、情愛という、オープンを感じ取ったのではないでしょうか。元カノちゃんの好きな文言は「精神」でした。精神的な美味を大事にしていました。妻は目下画家として活躍する一方で、障がいを有する小児のイラストうたい文句に関り、子供たちの心の開放に努力しています。誰にでも当てはまりますが、何かを試し、要所を必ずつかんだ方は後悔しない方だという気がするのです。元カノちゃんには蔭ながらエールを送っておるボクだ。