最初枚の図形がもたらした尊敬は観た人物に運命影響を加え積み重ねるのかもしれません。

しょっちゅう「元カノ」君のことを思い浮かべます。50男子がこういうわけです。お交流したのは20年代から27年代までの7通年だ。まさかの離別でした。目下それとなく恋人と夜汽車に乗ったことを思い出しました。長崎から京都までの夜汽車でした。恋人がわたしに教えてくれた画家がいらっしゃる。オディロン・ルドンだ。その大回顧展を二人で観に行ったのです。恋人はこんなコメントを以前してくれました。初めてのルドンの力作との鉢合わせだ。恋人は花々のカラーが宝石のように耀くちっちゃな挿し絵の前に奴隷になったと言うのです。そうしてその衝撃のために、その夜は一睡もできなかったといった。わたしは恋人をそういった衝撃に導く画家は如何なる画家なのだろうって見つけ出しました。ルドンは10ご時世上記モノクロの挿し絵以外は描かなかったのです。暗闇な海中から植物のように現れる面構え、大きな視線、そういう挿し絵の第六感はエドガー・アラン・ポーから得ていたそうです。こうしたルドンがあのような美しいカラーを使うようになったか。そこには自力のおばさんとの鉢合わせがありました。恋人がルドンの心理を解き放ったのです。おばさんの器量は偉大だ。元カノ君は非常に感性豊かなおばさんでした。だいたいルドンのカラーの中に、愛情と、オープンを感じ取ったのではないでしょうか。元カノ君の好きな触れ込みは「心情」でした。精神的な美味を大事にしていました。恋人は今日画家として活躍する一方で、障がいを有する息子の絵フレーズに関り、子供たちの心の開放に努力しています。誰にでも当てはまりますが、何かを試し、要所をバッチリつかんだお客は後悔しないお客だという気がするのです。元カノ君には蔭ながらエールを送って要るわたしだ。くまを治す方法は意外と簡単です