テレビのCMを見ていて想う事、思う存分おんなじCMを流して要るところは素晴らしいという。

テレビのCMは昔と大変変ったと思います。昔は一年に一度とか半年に一度用を取り換える次元だったのに今では手っ取り早い流れでコロコロ変えている事務所が多いです。無論一流が多くて断然テレホン事務所など言わば講話のように変えているように思います。次の目新しいCMが出てくるのは凄い楽しみですし新しいCMが流れるとウキウキします。いつの事務所も甲乙プラスがたくて訴えるテレホン事務所を置きかえるつもりはないけど各回ドキドキしてしまう。けれども昔から変わらないCMを一際流してあるゾーンもあります。代わり映えしないなと思いますが同時に凄い分かりやすくて印象に残るなと思います。何が言いたいのか伝わって来るし、流れて要るBGMは聞いただけで何のCMか通じるくらいに単独たちに浸透しています。少ない流れで繋がるCMも楽しくていいですし長く続けているCMも変わらず嬉しいし、どちらを選ぶかは見ている人情。CMにもご当地独特のものがあります。そのCM曲はいつまでも頭に残ってその曲が一発で分かると同郷の人類だと分かりますね。僻地に視察とかをめぐって同郷の人類に巡り会えるという素晴らしいものです。それをわかるためにも昔ながらの僻地CMとかは大事です。全国ネットかと思って話しても知らないという事もありますし、それを簡単に分かるにはCMを話すのが早いかもしれないだ。コチラで解説中です